読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EC Hack ”ファッション通販/WEBマーケティングのネタ帳”

eコマース界隈の情報をアウトプットしていきます。

オムニチャネル

EC化率50%の世界はやってくるのか?その答えは物流改革にあると思う

10月にはファーストリテイリングが現状の5%から30~50%に拡大すると表明。一般的に商品単価の低い業態は比率を上げるのが難しいと言われているだけに、柳井社長の「3~5年で達成」という言葉が大きなニュースとなりました。(TheFLAGより引用) ファーストリ…

デジタルネイティブ世代のECサイトでの消費について感じたこと

最近色々な方とお話させて頂く機会が増え、オムニチャネルというキーワードについて考えることが多くなってきたので頭の整理も兼ねてアップしようと思います。この先のデジタルネイティブに当たる世代が消費の中心になると考えると、今のこの業界の考え方に…

ファッションECサイトのコンテンツ活用について考えてみる

最近、徐々にアパレル・ファッション企業のWeb戦略においてコンテンツに力を入れて運用・情報発信を行っている企業が増えてきているように感じます。なので、一度それらをまとめてみようと思います。 もちろん通販サイト内の1コンテンツとして見ると、Q&Aや…

ブランドアプリの機能比較から見える現状と展望。セレクトショップを中心に。

昨今のスマートフォンユーザ増加に伴い、またオムニチャネルというバズワードも後押ししてか、様々なブランドからアプリリリースが目立っています。 単純にブランドのアプリをリリースしていないと、時代の流れに取り残されてしまうということもありえますね…

近い未来、ECサイト事業者はトラック運転手不足により店頭受け取りが必須になる!?

タイトルを今回一番印象に残った言葉にしてみました。 先日、リテールテックJAPANへ行ってきましたので、参加したセミナーで特に印象深かった内容のメモをアップします。 セミナーもすべて無料でしたので、時間の都合がつく方は参加してみてはいかがでしょう…

オムニチャネルはデータを連携させる事ではないと思う

と語弊があるタイトルですが、オムニチャネルの為のデータ連携はあくまで手段の1つであるということです。 オムニチャネルという言葉が日本で使われ始めて、一年ぐらい経過したでしょうか。 最近のニュースでも「オムニチャネル特化」「オムニチャネル対応」…